« 『ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな? ノッポ流 人生の極意』 高見のっぽ | トップページ | 『綾辻行人殺人事件 主たちの館』 綾辻行人監修 »

2019/03/11

『海鳴屋楽団、空をいく』 野中ともそ

おいしい食事とお風呂が自慢の、海鳴屋。
その従業員はもれなく、旅館の主人の楽団メンバーで……。

ドラム缶からつくられた打楽器、スティール・パン。
パフォーマンスを見たことがあったので、イメージしやすかったです。

国籍も年齢もばらばらの素人が、和気あいあいと楽しむ音楽。
スティール・パンの魅力は、よくつたわってきました。

地元のもの、旬のものを活かした、藤雄の料理もおいしそう。

登場人物にはそれぞれ事情があるのですが、入りこめるほど深い描写ではなく、詰め込み過ぎて回収しきれず、ばたばたした感じでした。

4591131084Amazon で詳細を見る

« 『ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな? ノッポ流 人生の極意』 高見のっぽ | トップページ | 『綾辻行人殺人事件 主たちの館』 綾辻行人監修 »

おすすめ本【な行】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『海鳴屋楽団、空をいく』 野中ともそ:

« 『ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな? ノッポ流 人生の極意』 高見のっぽ | トップページ | 『綾辻行人殺人事件 主たちの館』 綾辻行人監修 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ